葬儀のあり方は多様化の時代です

122717

普段から自分や家族にかかる葬儀について考えている方はあまり多くはないでしょう。

縁起ではないという方や、現実問題としてまだ先の事であろう、今考えなくても、と思われている方がほとんどなのではないでしょうか?

しかし、生は偶然、死は必然というように、人には必ず死が訪れます。しかも、予期しない形で突然に訪れることもあるのです。そのような場合に、十分に準備をした葬儀を行うことはなかなか難しいものです。

葬儀費用の平均は236万円!

日本における葬儀費用の平均は約236万円です。これは諸外国と比較をしてみても、群を抜いて高額といえます(諸外国は数十万程度)。葬儀を経験した方に多く共通しているのは、この金額の内訳をいまいち理解していないという点。

つまり、この金額は、葬儀屋の言い値であるわけです。言い値を飲まなければならない理由とは何なのでしょう?

それはずばり、緊急性が高いからです。

多くの方は、実際にご家族の死があってから、慌てて葬儀の準備を始めることになります。その場になり、数ある葬儀屋から依頼する先を選択することになり、見積もりも時間がない中で依頼することになります。

こうなると、高い金額で見積もりを出されても、仕方がない、そういうものかと納得はしていなくとも飲まざるを得ない状況になってしまうのです。周りでもそういう経験談をお聞きになったことはあるのではないでしょうか?

そんなドタバタで高いお葬式でいいんですか?

高いのは困るけど、どこに頼めばいいのか・・・

>>葬儀の費用でお悩みの方!

家族葬や個人葬、直葬など葬儀のあり方は多様化

葬儀というものは、人生の中で多く経験するものでは一般的にありません。特にご自身の大切な愛するご家族を送り出すことは尚更です。であれば、葬儀で一番大切なのは、故人やご家族の意思が最大限に尊重されることでしょう。

近年は、自分の葬儀は家族や本当に親しかった人たちのみで小規模に執り行いたいと希望される方が増加しています。もちろん予算的な問題もあるわけですが(何といっても平均236万円ですから!)、本当に見送っていただきたい方々に見送られたい、誰しもが思うことではないでしょうか。

家族葬や個人葬、直葬など、様々な葬儀のあり方があります。こういった葬儀のあり方は事前に葬儀屋と打ち合わせを行い準備をおこなうことが今やトレンド、当たり前の形になっています。

終活という言葉を聞いたことがあるでしょう。
今や、自分のお葬式は自分がプロデュースする時代なのです!

全国葬儀社検索対応!【葬儀レビ】資料請求プログラム

このページの先頭へ